意外と知られていない「オーガニック」の意味とは?

141007_01

有機野菜、オーガニックコスメ、オーガニックコットンなど、至るところでオーガニック商品を見かけるようになりましたが、そもそも「オーガニック」がどのようなものかご存じですか?
化学肥料を使わない栽培方法、自然環境への配慮、健全な社会の実現など、様々な事柄を含みます。身近になりつつある「オーガニック」の意外と知られていない意味についてご紹介しましょう。

オーガニックとは?

141007_02

オーガニックとは「有機の」という意味があり、化学肥料を使わず、堆肥や生物、土壌の持つ力を生かし、有機肥料を使用して栽培する農法である有機栽培や有機農業、農産物のことを言います。
日本では、食品のオーガニック認定として、有機JAS制度が2000年8月にスタートしました。農林水産省の登録を受けた第三者機関の格付け審査に合格することで、農産物と農産物加工食品に有機JASマークをつけることができ、ひと目で「オーガニック」かどうかを見分けることができます。
さらに、2006年12月に有機農場推進法が制定されるなど、日本でもオーガニックについて認知の広がりを見せています。

食の安全だけじゃない「オーガニック」

141007_03

今の社会では、化学肥料や農薬を使い大量生産することによって安く物を手に入れることができる反面、土壌汚染、健康被害、森林の減少、労働者の搾取など様々な問題が発生しています。
オーガニックは、これらの問題を解決するひとつの方法であり、暮らしの中に取り入れることで、私たちの食の安全や健康な生活を送るためだけでなく、自然環境と生態系を守り、子どもや孫などこれから先の世代へと繋がる持続可能で健全な社会を目指すライフスタイルと言えます。

■健康な生活のために

農薬や化学肥料が含まれる食品を食べることで人体への長期的な悪影響が心配されることから、有機栽培は「健康な生活」への第一歩となります。オーガニック食品を取り入れて添加物の摂取を減らしていくことで、食の安全性が確保されます。手間ひまかけた自然に近い生産方法や生産者の顔が見える安心感が私たちの味覚にも影響を与えています。

■自然と調和する「身土不二(しんどふじ)」

明治時代に石塚左玄らが唱えた「身土不二(しんどふじ)」。人の身体(身)は、住んでいる風土(土)と密接に結びついて(不二)いる、という考え方です。人間も自然の一部であり、その土地でとれた旬の作物を育て食べることで、環境と調和し健康へと繋がっていきます。マクロビオティックのベースにもなっています。

■自然環境の保全

オーガニックは自然そのものを大切にすることであり、水や土、大気などかけがえのない地球を化学物質の汚染から守り、森林の減少、土壌劣化、動植物の絶滅などの様々な環境負荷を低減し、自然との共存が可能となります。

■健全な社会

利益を追求すると、農薬や化学肥料などを使用することによる大量生産や不当な人件費削減へと繋がります。一方で有機栽培や有機農業は大量生産には向かず、手間ひまをかけて美味しく安心な食品を人々に届けることを大切にしています。こうした姿勢が「健全な社会」の構築を支えます。

身の回りにあるたくさんのものの中から自分にとって本当に必要なものか、自分の体に良いものかどうかを考えることもオーガニックへの理解に繋がります。
あまり難しく考えず、今までのライフスタイルにプラスする感覚で気軽に取り入れてみてください。

オーガニック原料を用いたヘアケア、ボディケア製品

Leave a Reply

最新記事

爽やかなヴェルヴェンヌの香りで癒されながらヘアケアができるコンディショナー

アルガンオイルが配合されたダメージケアに嬉しいROSE DE MARRAKECHのヘアコ […] ……続きを読む

夏に使いたいシャンプーおすすめランキング! 暑い季節に使いたいシャンプーと洗い方

暑い日が続く季節にはさっぱりとした使い心地のシャンプーが良いですよね。夏場になると汗もか […] ……続きを読む

頭皮と髪をいたわるヘアケア。アミノ酸系シャンプーをおすすめしたい理由とは

ヘアサロンや雑誌など見かける場面が増えてきたアミノ酸シャンプーですが、どうして頭皮と髪に […] ……続きを読む

髪の毛を、熱や乾燥からしっかり守ってケアしてくれるヘアオイル

ダメージヘアの要因としてあげられる、夏の強い紫外線や冬の空気の乾燥。そんな環境的要因に大 […] ……続きを読む

このページのTOPへ