エコサートってなに?オーガニック認証の化粧品を知る

みなさんエコサート(ECOCERT)ってご存知でしょうか?ほとんどの方が見聞きしたことがないのではないでしょうか?
エコサートとは、世界最大規模のオーガニック(有機)認証機関のことなんです。
では具体的にどのような機関なのか、今回はエコサートについてのお話しです。

エコサート(ECOCERT)について

エコサート(ECOCERT)は1991年に設立された、フランスのトゥールーズを本部と する国際有機認証機関のことです。現在では世界各地に23の支社を置き、80ヶ国以上にて農産物をはじめ、加工食品、畜産物、化粧品、コットン、その他様々な有機認証を提供しています。エコサート認証された企業は、国際的な有名企業が名を連ねており、一般消費者や業界、政府関係者まで多くの信頼を得ていると言われています。

オーガニックコスメに関する基準は国や地域によって様々でしたが、品質を維持するために、エコサートを含む欧州5ヶ国の認証団体が合同でオーガニックコスメに関する統一基準「COSMOS」を策定。世界でも厳しい審査水準を持つECOCERTコスメ認証が基準となっています。

エコサートのオーガニックコスメの認証基準は大変厳しく、オーガニック原料は、 土づくりから管理される厳しい基準をクリアしたオーガニック認証原料でなくてはならないほか、 製造工程や容器においても、リサイクルや地球環境への配慮等、細部に至るまで厳しくチェックされ、 認定後も一年に一度の年次検査もおこなわれています。

ECOCERT(エコサート)認定ガイドラインの概要について

エコサートの化粧品に関する認証には2つのラベルがあり、COSMEECO(コスメエコ)というラベルと、さらに厳格なCOSMEBIO(コスメビオ)というラベルです。

COSMECO(コスメエコ)の基準

・完成品の95%が自然原料であること。(水含む。)
・完成品の5%は化学原料で良い。
・完成品の5%は、オーガニックでなければならない。
・植物原料の50%は、オーガニックでなければならない。
・化学香料は、使用不可。

COSMEBIO(コスメビオ)の基準

・完成品の95%が自然原料であること。(水含む。)
・完成品の5%は化学原料で良い。
・完成品の10%は、オーガニックでなければならない。
・植物原料の95%は、オーガニックでなければならない。
・化学香料は、使用不可。

日本においてのオーガニックコスメの基準

日本国内ではオーガニックコスメの明確な定義が設けられておりません。
「どのようなものをオーガニックコスメと呼ぶのか」は、製造販売する企業に委ねられているのが現状です。日本国内で製造販売されているオーガニックコスメの成分は企業によって異なる為、本当に安全な成分が使用されているか、きちんと自身の目で確認することが望ましいでしょう。

日本のコスメブランドもエコサート認定を受けているものや、認定を受けていないまでも、原料や成分にこだわったオーガニックコスメも販売されています。
「オーガニックコスメ」と名打っているコスメを言葉だけで判断するのではなく、原料の背景や自身の肌に合った成分であるかを見極めコスメ選びをすることが重要です。

当ストア ECOCERT(エコサート)認定ブランド babybuba(ベビーブーバ)

ベビー&キッズのための国産オーガニックスキンケア「babybuba(ベビーブーバ)」

Comments are closed.

最新記事

冬の季節に有意義なバスタイムを ご自宅ハマムでボディケア

湯船が冷えた身体に気持ちよく沁み渡る季節になりました。一日の疲れを癒すバスタイム、皆さん […] ……続きを読む

オーガニック認証化粧品とは?SoilAssociationについて

世界には様々なオーガニック認定団体が存在しています。 特にヨーロッパ諸国には多くのオーガ […] ……続きを読む

身体を暖めながら優雅な香りでリラックス!バスミルク新登場

12月に入り、本格的に冷え込んで朝方や日暮れは厳しい冬を実感します。意外と室内に居ても暖 […] ……続きを読む

旬の素材が美肌を作る。冬に食べたい美容食材・おすすめレシピ

季節のものを食べることが健康的な食生活の基本です。四季折々の旬の食材を知り、食卓に取り入 […] ……続きを読む

このページのTOPへ