妊娠線ってどうしてできるの?予防法はあるの?

赤ちゃんを産んだことのある人なら経験のある妊娠線。まだ産んだことのない女性でも名前ぐらいは聞いたことはありますよね?
今回はそんな妊娠線についてのお話しです。

妊娠線とは

そもそも妊娠線とは何でしょう?簡単にいうと妊娠の際に大きくなったお腹の真皮の断裂跡のことを言います。人の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています。妊娠すると当然お腹が大きくなるのですが、表皮は薄く丈夫な為、皮膚の伸びに耐えられるだけの組織をしているのに対し、真皮と皮下組織は弾力性のなさから皮膚の伸びについていけず亀裂が生じてしまうのです。その断裂した部分の皮膚から毛細血管が透けて見えてしまうものが「妊娠線」と呼ばれています。

妊娠線の原因とは?

妊娠線ができる1番の要因は、急激な体型の変化です。よくダイエット番組で太った人が急激なダイエットで細い体型になった時、お腹や二の腕、太ももなどに皮膚のたるみができているのを目にしませんか?それと似たようなことが妊娠でもおこっているのでしょう。

第2にホルモンのバランスの変化も妊娠線ができる要因の1つです。妊娠をすると「コンチコステロイド」というホルモンが増加し、このホルモンが肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を抑えてしまう作用がある為、肌の代謝が悪くなり妊娠線ができやすい状態となるのです。

また日頃の肌のケアも大切です。肌のケアを怠ることで肌の水分が不足し、乾燥した状態が続くと皮膚の弾力が失われてしまい、妊娠線ができやすくなってしまいます。

妊娠線ができるのはお腹だけじゃない

実はお腹以外にも妊娠線はできるのです。妊娠線ができるか否か、できる度合いは個人差はありますが用心にこしたことはありませんよね。
お腹以外に妊娠線ができる箇所は、バスト・おしり・太もも・二の腕・ふくらはぎなどです。
お腹以外にもケアが必要ですね。

妊娠線ができやすい人がいるってほんと?

妊娠線ができる度合いは個人差があるのですが、比較的できやすい人の特徴があります。

・皮下脂肪の多い人
・乾燥肌の人
・細身の人
・小柄な人
・経産婦の人
・双子などの多胎妊娠の人

上記の人は特に注意しましょう。

妊娠線の予防方法

できてしまったらなかなか消すことのできない妊娠線。だからこそ妊娠中の予防が重要です。
予防方法で代表的かつ効果的なものが皮膚の保湿になります。潤いのある肌には柔軟性が生まれ皮膚の断裂が起きにくくなります。
保湿の為のオイルやクリームなど様々なものがありますが、オイルタイプのものが油分が多いので保湿性に優れており良いでしょう。またオイルは皮膚温度を上げる効果もあるのでおすすめです。

おすすめ妊娠線予防オイル


  • babybuba ボディオイル

    なめらかな手触りのヒマワリ油、柔らかさを保つオリーブ油、栄養を与えるマカデミアナッツ油を主成分に配合した、しっとり保湿してくれるオーガニックボディオイル。

オイルだとベタつきやすいものもあるので、肌なじみの良いタイプのものを選ぶなど、ご自身の好みや肌質に合ったものを選びましょう。

オイルやクリームを使用する時期は?

妊娠4~5ヶ月頃から始めたという妊婦さんが半数以上と多いようです。早い人だと妊娠2~3ヶ月からという人も2割弱いるようです。一般的には妊娠初期の5ヶ月ぐらいからが良いでしょう。

塗る回数はどうしたらよいの?

オイルやクリームを塗る回数も重要です。妊娠時期に合わせて塗る回数を増やしていきましょう。

(妊娠初期)
1日1回を目安に朝か夜どちらか1回、まずは塗る習慣をつけましょう。

(妊娠中期)
1日2回朝・夜に分けて行いましょう。特に夜のケアはお風呂上りが最も効果が高い時なので、できる限りお風呂上りに塗りましょう。

(妊娠後期)
妊娠後期はお腹の大きさが目立ってきて、肌のハリが気になる時期です。
1日3~4回を目安に塗りましょう。
昼間にも塗る時間を作り、習慣づける為にリビングなど日中過ごしている場所の目立つところに、オイルやクリームを置きましょう。

注意点としては、オイルやクリームを塗る際には力を加えずに行いましょう。特にお腹と胸はマッサージは控えてください。マッサージは医師の指導のもとおこないましょう。
気になる方は検診の時に先生に聞いてみましょう。

身体の管理も大切

保湿をすることの次に重要なことは体重の管理です。体自体が不安定な時期ですので、なかなかコントロールは難しいとは思いますが、安全に赤ちゃんを産む為にも体重管理は大切です。
適正体重を大きく超えてしまうと、お腹もそれに合わせて予定より大きくなってしまう為、妊娠線ができやすくなります。
医師の指導のもと、体調管理を行い、妊娠時期に合った適正体重を心がけるようにしましょう。

体重以外にも食事や栄養素に気を付けることも大切です。特にコラーゲンが減少する時期ですので、皮膚の栄養素となるコラーゲンの元のたんぱく質やビタミンC・ビタミンAを意識的に摂るようにしましょう。

またさらしやコルセット・ガードルなどで、皮膚の負担を減らし妊娠線を予防することもできますので、試されてみてはいかがでしょうか。

様々な予防方法があるので、無理のないようにご自身に合った方法で妊娠線予防をし、きれいな肌で産後を向かえましょう。

Comments are closed.

最新記事

ベリーシードの力で頭皮環境を整える!Care of Gerdスカルプシャンプー&コンディショナー

昼間に汗をじんわりかきはじめ、夜のバスタイムで頭皮をすっきりしたい季節になりました。今回 […] ……続きを読む

化粧下地にも使える!紫外線吸収剤不使用の日焼け止めROSE DE MARRAKECH ローズヴェール新登場!

意外にも5月は紫外線が多く、油断しているといつの間にか日焼け、シミ、そばかす・・・。とい […] ……続きを読む

スプリングセール第2弾 開催のお知らせ

いつもamasia storeをご利用くださいまして、ありがとうございます。 前回のスプ […] ……続きを読む

ノンシリコンで植物由来成分94%以上!La Fleurのヘアケアアイテム

段々と暖かくなり、じんわりと汗をかき、頭皮の汚れが気になってきます。 今回はノンシリコン […] ……続きを読む

このページのTOPへ