サイプレス精油の効果・効能

森林浴をしている気分になれる精油

サイプレスは常緑の針葉樹で、25~45mもの背丈に成長することもある樹木です。一度伐採してしまうと再生することはありません。地中海沿岸地方が原産で、古代エジプトやローマでは、神や死と密接な関連があると考えられていました。例えば、棺桶や墓に入れたり、墓地の周りに植林されたりと神聖な木として人々から崇拝されていました。キリストの十字架もサイプレスの木で作られたという伝説があります。
学名の一部であるsempervirensという単語は「永遠に生きる」という意味を持っています。腐敗しにくく、強度が高いことから住宅の土台、フローリング、デッキ、壁など建築用の木材としても利用されています。
ヒノキに似たスパイシーかつウッディーな香りで、まるで森林浴をしているような気分にさせてくれます。

基本データ

学名 Cupressus sempervirens(クプレッスス・センペルウィレンス)
和名 イトスギ
科名 ヒノキ科
採油方法 水蒸気蒸留法
抽出部位 枝葉と果実
主な産地 スペイン、フランス、ドイツ、イタリア、モロッコ、インド
主な芳香成分 モノテルペン炭化水素類:α-ピネン(45~55%)、δ-3-カレン(15~25%)、リモネン(~5%)
セスキテルペンアルコール類:セドロール(~5%)
エステル類:酢酸テルピニル(~5%)
主な作用

心への効能

セドロールという成分には心拍数や呼吸を抑制する作用があり、不安や緊張などで高ぶった気持ちを鎮め、冷静な判断を促します。イライラで自分を見失いそうなときにも、さわやかなウッディー調の香りが気分をすっきりとリフレッシュさせてくれます。

身体への効能

女性ホルモン様のはたらきがあり、月経不順、月経前症候群、更年期障害といった女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こる女性特有の不調を和らげるのに効果的です。また、体内の余分な水分など老廃物を排出する作用や咳を鎮める作用もあります。

肌への効能

皮膚への刺激が強いため濃度に気をつける必要がありますが、優れた収れん作用があり、開いた毛穴を引き締めたり、ニキビや脂性肌を改善したりするのに役立ちます。汗を押さえる作用や消臭効果があることからデオドラントケアにも役立ちます。

関連するアロマ(精油)

サイプレス の香りが楽しめる。サイプレスの精油が配合されているオーガニックボディケア・ヘアケア・シャンプーはこちら

ご注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。アロマオイル(精油)について書かれていることについての免責事項・ご注意事項について。

最新記事

オーガニック認証(ICEA認証)化粧品とは?

ICEA(イチェア)認証は、イタリアを代表するオーガニック認証機関です。ICEAは、AI […] ……続きを読む

限定販売!冬のために作られたベジテーションシード アウトバスオイル ウィンター

1月も中頃、乾燥する日々が続きます。 乾燥が気になるところは顔の肌だけでなく、肘や膝かか […] ……続きを読む

オーガニック世界統一基準、COSMOS(コスモス)認証とは?

世界的に健康志向やエコ志向のあおりからオーガニック市場が広がってきました。食品分野のオー […] ……続きを読む

一年を気持ちよく始めたい方に 肌全体がしっとり潤うボディミルク

年も明け、お休みが終わり、また慌ただしい日々が始まりました。 忙しく動いた一日の疲れをバ […] ……続きを読む

このページのTOPへ