ローズ・オットー精油の効果・効能

深みがあり芳醇で女性らしい香り

ローズ精油は「花の女王」と呼ばれるダマスクローズから採取されます。水蒸気蒸留法によって抽出されるローズ精油を「ローズ・オットー」と呼び、3000kgの花からわずか1kgしか採取できない大変貴重で高価な精油です。ワックス成分が精油中に含まれているため、気温が約10度以下になると固まる性質がありますが、手の温度で温めると液体に戻ります。

ローズ・オットー精油の中でも特にブルガリア産のローズは「ブルガリアンローズ」といわれローズ精油の原料としては最高級です。

春から秋にかけて咲かせる花は、植物療法、料理、美容で利用されます。
肌の再生能力を高めるアンチエイジング効果にすぐれ、中世ヨーロッパでは、不老長寿の媚薬、若返りの薬として人気がありました。

ローズ精油は自律神経や内分泌系のバランスを整え、女性特有の症状を和らげるのにも役立ちます。

基本データ

学名 ローズ・オットー:Rosa damascena(ロサ・ダマスケナ)
和名 バラ
科名 バラ科
採油方法 水蒸気蒸留法
抽出部位
主な産地 モロッコ、トルコ、ブルガリア
主な芳香成分 モノテルペンアルコール類:シトロネロール(20〜50%)、ゲラニオール(10〜20%)
エステル類:酢酸ゲラニル(〜5%)
主な作用

心への効能

優美で甘く華やかで気品高い香りがネガティブな感情を和らげ、緊張やストレスを緩和します。女性らしい気分を高めるため、特に更年期障害や月経前症候群などでイライラした気持ちやふさぎ込んだ気持ちを落ち着け明るい気持ちにさせてくれます。傷ついた心をやさしくなぐさめて保護するように癒してくれます。

身体への効能

女性ホルモンに似た働きがあるため、月経周期を整え生理不順の解消や月経前症候群、更年期障害など女性特有のトラブル解消に効果的です。消化器の働きを活発にして食欲を増進させる作用があります。

肌への効能

細胞を修復させる作用があり、傷や皮膚炎、湿疹などの治りを早める作用があります。また、収れん作用があるため開いた毛穴を引き締めるのに役立ち、シワやたるみの予防や改善にも効果的です。中世ヨーロッパで若返りの薬として重宝されるほどアンチエイジング効果に優れています。

関連するアロマ(精油)

ローズ・オットー の香りが楽しめる。ローズ・オットーの精油が配合されているオーガニックボディケア・ヘアケア・シャンプーはこちら

ご注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。アロマオイル(精油)について書かれていることについての免責事項・ご注意事項について。

最新記事

オーガニック認証(ICEA認証)化粧品とは?

ICEA(イチェア)認証は、イタリアを代表するオーガニック認証機関です。ICEAは、AI […] ……続きを読む

限定販売!冬のために作られたベジテーションシード アウトバスオイル ウィンター

1月も中頃、乾燥する日々が続きます。 乾燥が気になるところは顔の肌だけでなく、肘や膝かか […] ……続きを読む

オーガニック世界統一基準、COSMOS(コスモス)認証とは?

世界的に健康志向やエコ志向のあおりからオーガニック市場が広がってきました。食品分野のオー […] ……続きを読む

一年を気持ちよく始めたい方に 肌全体がしっとり潤うボディミルク

年も明け、お休みが終わり、また慌ただしい日々が始まりました。 忙しく動いた一日の疲れをバ […] ……続きを読む

このページのTOPへ