合成界面活性剤の肌への影響

化学的につくられる「合成界面活性剤」。

特に危険とされているのが

①毒性  ②浸透性  ③残留性

この3つの性質です。

中でもいちばん肌に影響があるのは浸透性。

合成界面活性剤が皮膚や頭皮に付着すると
角質層や透明層を通り抜け皮下の細胞組織をこわします。
そして、血管壁を破壊し血液中に浸透する恐れもあります。

皮膚には異物の侵入を防ぐバリアー機能があり本来は化学物質も簡単には入れません。
ですが、合成界面活性剤の強い浸透性で
他の有害なものまでも体の中に入る手助けをしてしまいます。

合成界面活性剤は完全に分解されず体内に残り
長期使用によって少しずつ蓄積されていきます。

化学物質に対して人間の皮膚は動物より強くできているので
短期間で害を実感することはないようです。

ですが、長期使用することで
突然、アレルギーや花粉症などの様々な症状や病気を引き起こすケースも。

そして残念なことに、有効成分を肌の奥へ通らせるために
合成界面活性剤の浸透性が利用されています。
「有効成分だけを肌に入れる」ということ自体がなかなか難しいことのようです。

Leave a Reply

最新記事

そもそも『オーガニック認証』って何?ECOCERT・COSMOS・USDA

近年よく耳にするようになってきた『オーガニック』。安心安全を第一に食べ物や化粧品などを選 […] ……続きを読む

あなたの肌に最適な植物オイルは何?保湿ケア

植物から抽出されたオイルは肌に優しく、浸透しやすいので最近注目を浴びています。植物によっ […] ……続きを読む

使い心地のよい日本人向けオーガニックシャンプー”オリエンステラ”の魅力

毎日使うものや食べるものなど、健康な身体のために”オーガニック志向”の方が増えてきますよ […] ……続きを読む

PiPPER STANDARD〜衣類用洗剤〜

今回は、PiPPER STANDARD商品の衣類用洗剤・柔軟剤について徹底解説いたします […] ……続きを読む

このページのTOPへ