ヴィーガンケアを実現させたブランドORIGI’NATURE(オリジネイチャー)が新登場

今回は、ORIENS’TELLA(オリエンステラ)の姉妹ブランドとして新登場した、”人と環境を考えるブランド”ORIGI’NATURE(オリジネイチャー)をご紹介します。

ヴィーガンケアのこだわりを実現

ORIGI’NATURE(オリジネイチャー)は、東洋人の繊細な髪質に合わせて作られたボタニカルヘアケアブランドであるORIENS’TELLA(オリエンステラ)の姉妹ブランドとして誕生しました。ORIGI’NATUREのフィロソフィーは、動物由来成分を一切使用しない「VEGAN CARE(ヴィーガンケア)」という発想と、余分なものは使わず必要なものを必要な分だけ使うことが髪と肌にとって最適な処方である、ということ。「全ては自然が原点である」という思いが、使う人の日々のバスタイムを快適で楽しい時間に変えてくれ、その行為が環境と人にとって安全で優しくあってほしい、というものがORIGI’NATUREの願いです。生分解性の高さと、毎日使うものだからこそ肌のトラブルや人と環境への安全性にこだわり、環境へ配慮し、植物成分とアミノ酸を豊富に配合し動物由来成分を一切使用しないなど、ハイクオリティーな仕上がりを実現したブランドです。

オーガニックから更に上へ

ORIGI’NATUREのアイテムは、現在ヘアケア、ボディケア、ベビーの3種類です。
ヘアケアは、シャンプーコンディショナーがあり、動物由来成分を一切使用しないビーガン処方でオーガニック成分とアミノ酸コンプレックス成分を融合させて作られています。髪や頭皮にやさしいだけではなく、ダメージヘアの改善に力を入れているヴィーガンヘアケアとなっています。リペア力だけでなく、もちろん泡立ちやテクスチャー、ストレスのない使い心地、ダメージ補修、保湿など、ケアの全てを追求した「洗うごとにまとまる髪」をつくる画期的なヴィーガンヘアケアアイテムです。

ボディケアでは、ボディソープであるサンセットビーチレインフォレストの2種類があります。動物由来成分を一切使用しないビーガン処方で豊富な植物成分と海洋成分の2つの処方で敏感な肌に潤いとハリのある洗い上がりを追求した生分解性の高い成分で環境配慮も考えられたボディソープで、滑らかできめ細かい泡立ち、潤い、保湿など「家族みんながハッピーなバスタイムを過ごせるように」と誕生した全身洗浄剤です。

ベビーでは、ベビーヘア&ボディソープがあり、赤ちゃんの全身用に、敏感肌の洗顔、デリケートゾーンなど全身でご使用頂けるフォームタイプのソープとなっています。糖やアミノ酸、植物由来の洗浄成分でつくられたお肌にやさしい全身洗浄料です。柚子やオクラ、西洋ナシなどの植物保湿エキス配合で健やかなお肌を保ちます。穏やかなシトラスフローラルの香りで、キメ細かい泡立ちでスッキリした洗い上がりです。

肌への負担を抑えた処方

ORIGI’NATURE全ての製品にパラベン、鉱物油(ミネラルオイル)、合成着色料を使用していません。更にヘアケアとベビーでは、石油系合成洗浄成分、動物由来成分ボディケアでは、シリコン、エタノールが不使用になっているので、気にされている方も安心して使えます。配合されている植物も、髪や肌に効果を発揮させるものを厳選して使っており、人のためだけでなく、環境にもとっても考慮されて作られています。ここまで原材料や品質、効果にこだわりのあるアイテムですが、ORIENS’TELLAよりも少しだけ値段が抑えられているところも、魅力の一つだと言えます。

いかがでしたか?amasiaでも人気の高いブランドORIENS’TELLAの姉妹ブランドというだけあって期待値はとても高く、様々な植物エキスの効果で髪の毛やボディに良い影響を与えてくれるアイテムが揃っています。ぜひ一度お試しください。

ORIGI’NATURE商品の詳細はこちらから

Comments are closed.

最新記事

そもそも『オーガニック認証』って何?ECOCERT・COSMOS・USDA

近年よく耳にするようになってきた『オーガニック』。安心安全を第一に食べ物や化粧品などを選 […] ……続きを読む

あなたの肌に最適な植物オイルは何?保湿ケア

植物から抽出されたオイルは肌に優しく、浸透しやすいので最近注目を浴びています。植物によっ […] ……続きを読む

使い心地のよい日本人向けオーガニックシャンプー”オリエンステラ”の魅力

毎日使うものや食べるものなど、健康な身体のために”オーガニック志向”の方が増えてきますよ […] ……続きを読む

PiPPER STANDARD〜衣類用洗剤〜

今回は、PiPPER STANDARD商品の衣類用洗剤・柔軟剤について徹底解説いたします […] ……続きを読む

このページのTOPへ