日焼け止めの選び方、あなたはどうしてますか?オーガニックなのか気になる成分の確認方法


UVケアが必要になる季節、みなさんは日焼け止めを選ぶ時、何を基準にして選ばれていますか?様々な種類があるので正直何をどう選べば良いかわからない、とりあえずSPFが高いものにしておけばいいよね、など意外と日焼け止めについてわからないことが多いと思います。
5~8月にかけてピークを迎える紫外線は、肌トラブルや老化、乾燥などを引き起こします。日々のUV対策をすることで、肌トラブルや老化、乾燥などを防ぎましょう。
数あるUV対策の中からどんなケアを選べば良いのでしょうか。
ここではUVケア対策に関してのあれこれ、みなさんが安心してお使いいただける日焼け止めの選び方などをご紹介しましょう。

選び方の基本は使う箇所と場所

まずは顔用か体用かで選ぶ基準を決めましょう。顔と体では皮膚の薄さや皮脂腺の数が違う為、販売されている日焼け止めも2種に用途が分けられているものが多いのです。
また日焼け止めを使うシーン、普段用、ピクニックなど軽めのレジャー用、ガッツリ日光を浴びる海などのレジャー用など使う場所や用途に応じて選ぶことが大切です。

紫外線の種類とSPFとPAの関係

紫外線にはUV-AとUV-B、そしてUV-Cの3種類あります。紫外線の種類とSPFはPAの関係をしっかり把握し、自分に合った日焼け止め選びでUVケアをしましょう。

UV-A

UV-Aは地表に届きやすく、地表に届く全紫外線の約90%を占めます。UVAのエネルギーは比較弱いものではありますが照射量が多く、波長が長く曇りや家の中でも肌に到達し、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻とされています。主に肌が徐々に黒くなり、シミやしわ・たるみという肌の老化現象を進めてしまう作用があります。

UV-B

UV-Bは、地表に届く全紫外線の約10%を占めており、主に肌の表面で吸収される為、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありません。しかしUVAより強いエネルギーでいて波長が短く、肌への作用が強い為、短時間だけでも肌への強い刺激になるという特徴があります。肌表面の細胞やDNAを傷つけて火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色(黒く日焼け)になったりなどシミやソバカスの原因になるだけでなく、生体への影響があるのも特徴です。

UV-C

UV-Cは、オゾン層により現時点では届かない紫外線ですが、オゾン層破壊の進行が進んでいるので、将来届く可能性があります。最も危険なUV-Cは今後注意が必要です。

SPF指数の選び方

日焼け止めクリームには必ずSPF表示があります。1~50の数字で示してあり、紫外線によって起こる急性の炎症の防止効果の程度を表しています。主に日焼けや肌に赤みを起こすといわれているUV-Bを防ぎ、高い数字ほど紫外線防止効果は高いです。日本でのSPF数値の上限が50までと定められていることから、SPF50以上のものはまとめて「SPS50+」と表記されています。
「SPF1=20分」ほどで日焼けし始める数値で、「SPF50=16時間」という計算ですが、日照程度や天気、場所によっても異なります。SPF数値が高いほど肌への負担は大きいため、その日の予定によってうまく日焼け止めの使い分けをすることをおすすめします。長時間の外出の際には高めの数値を選ぶか、日焼け止めを塗り直ししましょう。日常の生活でしたらSPF25くらいが適切とされています。

PA指数の選び方

PAの表示は+〜++++の4段階で表示されており、主に肌を黒くするといわれているUV-Aを防止してくれます。+の数が多いほど紫外線防止指数は高いです。
UV-Aは波長が長い分、肌の奥まで到達し、肌に影響を与えてしまいます。日常の生活であればPA++、1日中外出やレジャーなどの際にはPA++++がおすすめです。

従来の紫外線散乱剤は白浮きが最大のデメリット

様々なUVケアが出ていますが、日焼け止めの成分には、紫外線を吸収し熱やエネルギーに変えて放出することで日焼けを防ぐ「紫外線吸収剤」と、紫外線を散乱させて防ぐ「紫外線散乱剤」の2種類があります。
紫外線吸収剤は肌の表面で化学反応を起こして紫外線を防ぐため肌にダメージを与えやすいので、肌の弱い方にはあまりおすすめできません。紫外線散乱剤は白い粉でできているため、UVプロテクト効果を上げるには多く配合する必要があり、塗ると白くなりやすく、SPF50ぐらいのUVプロテクト効果を上げるには紫外線吸収剤と併用せざるをえませんでした。ですが、最近では塗っても白くなりにくく、伸びの良い紫外線散乱剤の日焼け止めが開発されてきて、紫外線吸収剤と使用感がそこまで変わらないアイテムが増えてきています。

オーガニックUVケアのメリット

その中でも更にこだわりたいのが、オーガニックUVケア。選ぶメリットとしては、成分に防腐剤やパラベンなどの肌に負担になる成分が入っていないので、赤ちゃんからデリケートな肌の方でも安心して使用できることです。
成分のほとんどは植物由来のハーブや花などのエキスから抽出されたもので、その植物に含まれるビタミンやその他の成分を壊すことなく配合できるというメリットもあります。
毎日使用するものとしては肌に負担がないものが良いでしょう。
また、オーガニック認証を受けているUVケア商品の中には、その効果を実証する際に、動物実験をしてないものやパッケージも再生可能なものを使用するなど環境に配慮した製造方法なのも、オーガニック製品の良さです。
開発がすすめられ、オーガニックUVケアの中でもSPFやPA数値が様々選べるようになったので、日常生活からアウトドアまで、安心して日焼け対策ができるようになりました。

環境保護・動物愛護の精神を守り抜き、ハーブを使用したナチュラルな処方にこだわったNature’s Gate(ネイチャーズゲート)の日焼け止め

スポーツをするときやアウトトドアなどがっつり太陽に浴びるときには、Nature’s Gate サンスクリーン スポーツブロック SPF50(からだ用)がおすすめ!
汗や皮脂に強く、くずれにくいため、抜群の安定感で紫外線から肌をプロテクトしてくれます。PA++程度の効果もありUVBも防いでくれます。また耐水性80分とされていますのでプールや海のレジャーに最適です。

とても柔らかくみずみずしいテクスチャーが特徴です。

肌にすーっと伸び、広範囲に塗る時にストレスを感じません。塗り始めは白っぽさがありますが、数分で肌になじみ白浮きしにくいです。

こちらは紫外線吸収剤(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オクトクリレン、サリチル酸エチルヘキシル)と紫外線散乱剤(酸化亜鉛)を組み合わせた日焼け止めになります。紫外線吸収剤を使用していますが、SPF50と高い効果を持たせながら、なるべくダメージがないよう調整されています。また、両方を組み合わせることで、白浮きしにくく塗りやすいテクスチャーになっています。
また、保湿・消炎効果が高いアロエベラ配合で炎症を防ぎ、アレルギー症状を緩和する作用するヒポファエラムノイデス果実エキスなど植物成分が配合され、しっかりと肌をいたわりながらUVケアをしてくれます。

アウトドアのレジャーで安心して使いたい。しっかりとしたUVケアをしたいけど、肌もきちんといたわりたい、そういった方におすすめの日焼け止めです。

また、サーフィンなどマリンスポーツを思いっきり楽しみたい方にはNature’s Gate サンスクリーン アクアブロック SPF50(からだ用)、お子さんや、顔肌などデリケートなお肌にはNature’s Gate サンスクリーン キッズブロック SPF50(顔・からだ用)をおすすめします。

天然成分100%でSPF50 PA+++を実現!PERFECT POTION アウトドアサンスクリーン SPF50の日焼け止め

開発に10年以上もの歳月をかけたPERFECT POTION アウトドアサンスクリーン SPF50は、からだだけでなく顔にも使用できます。PERFECT POTION(パーフェクトポーション)ならではの、シトロネラやティーツリー、ユーカリの爽やかなアロマの香りはこのUVケアにも健在です。
天然成分100%でSPF50/PA+++を実現できるのはまさに奇跡的です♪しかもウォータープルーフ機能もあり、1歳のお子様からご使用いただけます。

見た目は少々硬いテクスチャーに見えますが意外にも肌へのなじみが良く、塗った後は多少の白残りは感じられるもののベタつきもなくさらっとした感覚です。

※お写真は軽く伸ばしたところです。これからきちんと伸ばすと気になるほどの白残りは感じられません。

個人的な感想ではお化粧をする際の下地として使用してもいいように感じました。若干の白残りは肌の明るさを出してくれると思います。
SPF50でありながら紫外線吸収材は使用しておらず、肌への負担の少ないノンケミカルの紫外線散乱剤(酸化亜鉛、酸化チタン)を使用しています。

ナチュラル&オーガニックのおすすめ日焼け止め


  • Nature’s Gate サンスクリーン スポーツブロック SPF50(からだ用)

    汗や皮脂に強く、くずれにくいため、抜群の安定感で紫外線から肌をプロテクトしてくれるサンスクリーン。スポーツやアウトドアに最適です。


  • Nature’s Gate サンスクリーン キッズブロック SPF50(顔・からだ用)

    乳液のようにすばやくなじんで、ムラなく透明感のある仕上がりを実現するキッズサンスクリーン。バランスを崩しやすい夏のお子さまの肌をすこやかに整えます。


  • YUZU UVクリーム SPF50/PA+++ (顔・からだ用)

    石けんで落とせるノンケミカル*1処方、高知県産ユズ精油の香りを楽しむUVケア


  • 白くまアウトドア アウトドアUVクリーム SPF50 PA+++

    夏の肌刺激*1や紫外線からお肌をガード。シトロネラブレンドのエッセンシャルオイルが香るUVクリーム。

正しい知識で日焼け止めを選ぶ重要性が理解できましたか?
肌トラブルが出てしまう前に、季節や生活スタイルにあった日焼け止め選びをして紫外線対策をしっかりしていきましょう。

自分に合ったボディアイテムを探してみませんか。
▶︎オーガニック ヘアケアアイテムはこちら

▶︎amasia organic storeのトップページはこちら

オーガニックの日焼け止めを比較してみました。

5月が紫外線のピーク!今からはじめる『紫外線対策』とは?

最新記事

妊婦さん向け、ストレスをためずにハッピーマタニティライフを送るための「おうちケア」

外出が厳しい今、妊婦さんにとっても辛い時期です。 妊婦さん向けにストレスやマイナートラブ […] ……続きを読む

女性性を高めるためのパーツケアのススメ

女性性を高めるために毎日の美容ケアは欠かせません。スキンケア、ヘアケア、フットケア、デリ […] ……続きを読む

今こそ考え直す生活の中の「除菌」対策とは?

風邪や感染症などから自分を守るため「除菌」が今見直されています。自分や周りを守るための効 […] ……続きを読む

「おうち時間」をリラックスして過ごすためのアロマのススメ

外出自粛が続く中、おうちでの時間をどう過ごすかによって気分も変わってきます。リラックスし […] ……続きを読む

このページのTOPへ