地肌の乾燥・フケ対策でトラブル解決♪低刺激のオーガニックシャンプーで保湿ケア

肩のあたりにフケがたまって、自分が汚いように感じたことはありませんか。シャンプーケアをしっかりしても状態は改善しないばかりか、悪化してしまうケースもあります。フケの原因と正しい対策を知って、不快な症状を軽減しましょう。

なぜ、洗ってもフケがでる?

フケが増える原因ですが、皮脂バランスやホルモンの状態が関係すると言われています。乾燥でも頭皮の状態が不安定になりやすく、フケを増やしてしまうことがあります。年齢を重ねるごとにフケが増えて頭皮がかゆいなどエイジングトラブルを抱える方も多く、スカルプケアの見直しが必要でしょう。乾燥した部分をかきむしってしまって、炎症を起こすリスクもあります。そのまま放置していると頭皮の状態がさらに悪化して、フケが増える悪循環になりかねません。フケの原因を理解して頭皮環境をよくしていく、正しいアプローチが不可欠です。

洗浄力が強いシャンプーは危険

洗っているのにフケが改善しない状態なら、シャンプーを見直してみましょう。乾燥トラブルが起きた頭皮はとてもデリケートな状態で、洗浄力が強いアイテムは負担が大きくなりがちです。もともと皮脂にはホコリや紫外線ダメージから地肌を守る役割があって、ある程度は必要とされます。フケが気になるあまりにゴシゴシ強く洗いすぎると、落としたくない部分まではがしてしまうため、ヒリヒリした感じが気になる場面もでてくるでしょう。一般的なシャンプーやトリートメントには、洗い心地を良くするためにいろいろな成分が入っています。この成分が痛んだ頭皮に負担となって、フケが悪化する流れを理解しましょう。

オーガニックシャンプーでスカルプケア

頭皮環境を改善して乾燥フケを防ぐためには、低刺激のオーガニックシャンプーをおすすめします。自然由来の成分を使っているため一般的なシャンプーより使い心地がやさしく、地肌をいたわりながら心地良くケアできます。乾燥フケ対策と地肌ケアに活用できるオーガニックシャンプーなら、こんなアイテムはいかがでしょうか。

AVALON ORGANICS スカルプシャンプーBB ビオチンB

100%植物原料にこだわった低刺激のシャンプーです。抜け毛や薄毛を予防して美しい髪を育てる効果が期待されます。ビオチン、ノコギリヤシなどの植物エキスの力で頭皮をすっきり洗い上げることで、フケやかゆみなど不快な症状が軽減されていく実感を受けるでしょう。

AVALON ORGANICS スカルプシャンプーTM ティーツリーミント

ティーツリー、ミントなどクリアな香りの植物エキスを配合して、リラクゼーション効果を高めています。植物グリセリンの保湿力には頭皮をしっとり潤す効果が期待されて、フケやかゆみの解消をサポート。合成香料や着色料など頭皮の刺激になるものを使わない処方も魅力です。

Nature’s Gate オーガニクス シャンプー(TB)ティーツリー&ブルーサイプレス

オーガニックのティーツリー葉油を配合した乾燥ヘア用ケアアイテムです。シャンプー、コンディショナーをセットで使うことによりスカルプ環境を整えて、しっとりまとまる髪へと導きます。ブルーサイプレスの爽やかな香りも心地良く、アロマフレグランスに包まれながら贅沢にケアできます。

一般的な商品からオーガニックシャンプーに切り替えるだけで、気になるフケやかゆさを解消できるケースもあります。口コミランキングなどであげられるシャンプーには合成物質を使っているものも多く、一時的にすっきりした印象を受けてもトラブルを蓄積するリスクがあります。いつまでもきれいな髪と頭皮を維持したいなら、低刺激のオーガニックシャンプーを検討してみるのはいかがでしょうか。

オーガニックシャンプー選ぶなら、髪質、香り、価格、ブランドから選べます。

Comments are closed.

最新記事

敏感肌で悩んでいた方必見!made of organicsからモイストリペアシリーズ新登場

冬になると、乾燥を気にしてクリームや保湿アイテムを使うようになります。でも、敏感肌の方は […] ……続きを読む

オーガニック認証化粧品とは?BDIHについて

世界にはいくつものオーガニック認証機関が存在しており、各国・各機関ごとに様々な認定基準が […] ……続きを読む

先進的な技術と天然成分から作られるオーラルケアアイテムを誇るブランドJASON新登場!

今回は、アメリカで多くの人々に親しまれているナチュラルケアブランド、JASONをご紹介し […] ……続きを読む

髪のタイプ別オーガニックシャンプーの選び方・おすすめアイテム(ダメージヘア編)

枝毛が増えた、アホ毛が目立つなど気付けば進行しているダメージヘア。しっかりお手入れしてい […] ……続きを読む

このページのTOPへ